きのくにチャレンジランキング

きのくにチャレンジランキング
トップ - 団体・個人・中学選択 - 種目一覧 - 種目詳細 戻る
しゅもくのしょうさい

みんなでドッジボールラリー

 ないよう
【内容】
   ぷんかん            つか               おこな  なんかいほきゅう       きそ
 3分間、1つのボールを使ってキャッチボールを行い、何回捕球できたかを競う。
ドッジラリー ドッジラリーのルール
                                           ず
                           図1
     じゅんび
(1)準備
 ・ ドッジボール
 ・ ストップウォッチ
    へいめんじょう とうきゅう     しめ  ほん ちょくせん ひ
 ・ 平面上に、投球ラインを示す2本の直線を引く。
    ようち  ほいくえんじ      かんかく
   幼稚・保育園児: 3m間隔
    てい   がく  ねん      かんかく
   低  学  年: 5m間隔
    ちゅう  がく  ねん      かんかく
   中  学  年: 7m間隔
    こう   がく  ねん      かんかく
   高  学  年:10m間隔

     ほうほう ず さんしょう
(2)方法<図1参照>
    かく           はんすう            わ
 ・ 各グループがほぼ半数となるよう2つに分かれ、
    とうきゅう   こうほう たて れつ む    あ    なら
   投球ライン後方に縦1列で向かい合って並ぶ。
      ず     がっきゅう にんずう   にん ばあい れい
   (図1は、学級の人数が18人の場合の例)
    けいじ           あいず  はじ
 ・ 計時の「はじめ」の合図で始める。
     ぷんかん     じてん けいじかかり   お       あいず
   3分間たった時点で計時係が「終わり」の合図をする。
      お       あいず     じてん   ほきゅう  かいすう きろく
   「終わり」の合図をした時点で、捕球した回数を記録とする。
            ご       ほじ     ばあい ほきゅう
 ・ ファンブル後ボールを保持した場合も捕球とする。
    とうきゅう   ない  ほきゅうおよ とうきゅう
 ・ 投球ライン内での捕球及び投球はしてはならない。
                          とうきゅう   ない はい   ばあい
   ただし、ファンブルしボールが投球ライン内に入った場合は、
    なか はい          と
   中に入ってボールを捕ってもよい。
        とうきゅう      ふ   な       とうきゅう     なか はい
   また、投球ラインを踏んで投げたり、投球ラインの中に入って
           な        ばあい    あいて ほきゅう    ほきゅうかいすう い
   ボールを投げたりした場合は、相手が捕球しても捕球回数に入れない。
    とうきゅう           あいて  とど      な        のぞ
 ・ 投球はノーバウンドで相手に届くように投げることが望ましいが、
    とうきゅう   ない                 ばあい
   投球ライン内でバウンドしてしまった場合も、
    とうきゅう   こうほう       ほきゅう    ほきゅうかいすう い
   投球ライン後方でボールを捕球すれば捕球回数に入れることができる。
           いとてき
   ただし、意図的にボールをバウンドさせたり、
          ころ          あいて  な
   ボールを転がしたりして相手に投げてはいけない。
    とうきゅう      じょそうおよ         きょり じゆう
 ・ 投球フォーム、助走及びステップの距離は自由とする。
    とうきゅうご とうきゅう     ぜんぽう はい
   投球後は、投球ラインの前方に入ってもよい。
    とうきゅうご  おな れつ うし   なら
 ・ 投球後は、同じ列の後ろに並ぶ。
     ふたり  おこな ばあい   いどう  おこな
   (2人で行う場合は、移動を行わない。)

           へんせい
(3)グループ編成
    がっきゅう くみ  ふたりいじょう ふくすう       わ   おこな
 ・ 学級を1組が2人以上の複数グループに分けて行う。
      にんいか  がっきゅう              じっし
 ・ 3人以下の学級は、1つのグループで実施する。
    ひとり がっきゅう  いがくねん じどう   ひとり   ふたり おこな
 ・ 1人の学級は、異学年の児童(1人)と2人で行う。

     きろく さんかにんずう
(4)記録と参加人数
    ふくすう               おこな  ばあい   かく        ほきゅうかいすう
 ・ 複数のグループをつくって行った場合は、各グループの捕球回数の
    ごうけい       すう  わ      へいきんかいすう きろく
   合計をグループ数で割り、その平均回数を記録とする。
   へいきんかいすう しょうすう       ばあい       くらい き  す
   平均回数が小数となった場合は、1/1000の位を切り捨て、
         くらい
   1/100の位までとする。
    さんかにんずう           じどうすう ごうけい
 ・ 参加人数は、グループの児童数の合計とする。

    じっしじょう ちゅういとう
(5)実施上の注意等
   じっしばしょ  うんどうじょうまた たいいくかんとう
 ・ 実施場所は運動場又は体育館等とする。
               ごうせい  せい
 ・ ドッジボール(合成ゴム製)は、
     ごうきゅう  ごうきゅう ごうきゅう          しよう
   1号球、2号球、3号球のどのボールを使用してもよい。
   きろくちょうせん さい   しどうしゃ  たちあ      じっし   けいじがかり しどうしゃ おこな
 ・ 記録挑戦の際は、指導者の立会いのもと実施し、計時係は指導者が行う。
てびきしょダウンロード ※ Wordファイルです。右クリックして保存してください。