きのくにチャレンジランキング

きのくにチャレンジランキング
トップ - 団体・個人・中学選択 - 種目一覧 - 種目詳細 戻る
しゅもくのしょうさい

みんなで馬とび

 ないよう
【内容】
  ふんかん ふたり  うま        なんかい        きそ
 1分間2人で馬とびをして、何回とべたかを競う。

馬とび


    じゅんび
(1)準備

 ・ ストップウォッチ


    ほうほう
(2)方法
    ふたりぐみ
 ・ 2人組をつくる。
    けいじかかり          あいず  はじ
 ・ 計時係の「はじめ」の合図で始める。
     ひとり うま         ひとり  お  かえ    かいうま  と
 ・ 1人が馬になり、もう1人が折り返して2回馬を跳ぶ。
    つぎ  と   ひと うま      うま         ひと お  かえ     かいうま と
   次に跳んだ人が馬となり、馬になっていた人が折り返して2回馬を跳ぶ。
         く  かえ
   これを繰り返す。
      ふん    じてん けいじかかり   お       あいず
 ・ 1分たった時点で計時係が「終わり」の合図をする。
      お       あいず     じてん   うま        ふたり  ごうけいかいすう きろく
 ・ 「終わり」の合図をした時点で、馬とびをした2人の合計回数を記録とする。
    うま  たか  じゆう      たお          りょうあし ひら
 ・ 馬の高さは自由ですが、倒れないように両足を開き、
    あしくび                      うま
   足首かひざをもち、しっかりとした馬をつくる。


        へんせい
(3)ペア編成
     ひとり がっきゅう  いがくねん じどう ひとり   ふたり  おこな
 ・ 1人の学級は、異学年の児童(1人)と2人で行う。
    がっきゅう にんずう きすう ばあい       びょうき      え   さんか     じどう
 ・ 学級の人数が奇数の場合や、けがや病気でやむを得ず参加できない児童がいて
     ふたりぐみ く     ばあい        か    じっし        じどう
   2人組を組めない場合は、ペアを代え、実施できなかった児童のいるペアのみが
      かいめ おこな        ぜんたい   かいめ  おこな
   2回目を行うか、または全体で2回目を行ってもよい。


     きろく  さんかにんずう
(4)記録と参加人数
    ふんかん  と    かいすう  きろく
 ・ 1分間で跳べた回数を記録とする。
     かく    と    かいすう ごうけい  すう   わ     へいきんかいすう きろく
 ・ 各ペアの跳んだ回数の合計をペア数で割り、その平均回数を記録とする。
    へいきんかいすう しょうすう    ばあい
   平均回数が小数となった場合は、
          くらい き  す         くらい
   1/1000の位を切り捨て、1/100の位までとする。
    がっきゅう にんずうとう         か     かいめ  おこな  ばあい
 ・ 学級の人数等のため、ペアを代えて2回目を行った場合は、
     かい  きろく  ごうけい  の     すう  わ   へいきんかいすう きろく
   2回の記録を合計し、延べペア数で割った平均回数を記録とする。
    さんかにんずう   うま           にんずう
 ・ 参加人数は、馬とびをおこなった人数とする。


     じっしじょう ちゅうい
(5)実施上の注意
   じっしばしょ  うんどうじょうまた たいいくかんとう
 ・ 実施場所は運動場又は体育館等とする。
   きろくちょうせん さい   しどうしゃ  たちあ      じっし   けいじかかり しどうしゃ おこな
 ・ 記録挑戦の際は、指導者の立会いのもと実施し、計時係は指導者が行う。

てびきしょダウンロード ※ Wordファイルです。右クリックして保存してください。