きのくにチャレンジランキング

きのくにチャレンジランキング
トップ - 団体・個人・中学選択 - 種目一覧 - 種目詳細 戻る
しゅもくのしょうさい

連続8の字とび


【内容】

 8の字とびを行い、なわを合計何回跳んだかを競う。
8の字とび

(1)準備

 ・ 長なわ


(2)方法

 ・ 最初に並んだ順番どおりに跳ぶ。

 ・ 途切れず、連続して跳ぶことができた回数を記録とする。

 ・ 1回旋ごとに1人又は数人で跳んでもよいが、

   跳んだ回数は1回旋を1回とし跳んだ人数とはしない。

 ・ 跳ばずになわを通り抜けたり、だれも跳ばずの1回旋があった場合は、連続と認めず、

   それまでの回数を記録とする。

 ・ 少なくとも6人がなわを跳び、2人でなわを回す。
   
   指導者や他のグループの生徒がなわを回してもよい。


(3)クラス単位等、人数多数で取り組む際のグループ編成(運動量の確保を重視する。)

 ・ クラス全員で1つのグループとして行うか、

   クラスをいくつかのグループに分けて行う。

   (グループ数はクラスで工夫する。)


(4)記録と参加人数

 ・ 複数のグループをつくって行った場合は、

   各グループの跳んだ回数の合計をグループ数で割り、その平均回数を記録とする。

   平均回数が小数となった場合は、小数第3位を切り捨て、小数第2位までとする。

 ・ 1つのグループで実施した場合は、そのグループが跳んだ回数を記録とする。

 ・ 複数のグループで実施した場合、実施日はすべて同じでなければならない。

 ・ 参加人数は、各グループのなわを跳んだ生徒数の合計とする。

   ただし生徒がなわを回した場合は、

   なわを跳んだ生徒数となわを回した生徒数の合計とする。

   指導者等の数は含めない。


(5)実施上の注意等

 ・ 実施場所は運動場又は体育館等とする。

 ・ 使用するなわの長さや種類は自由とする。

 ・ なわを回す人は、手袋等を使用してもよい。

 ・ 生徒、指導者または保護者等がなわを回す。

 ・ 記録挑戦の際は、指導者の立会いのもと実施する。
てびきしょダウンロード ※ Wordファイルです。右クリックして保存してください。