きのくにチャレンジランキング

きのくにチャレンジランキング
トップ - 各学校の取り組み 戻る
とりくみじょうきょう
紀の川市立中貴志小学校
仲間の絆と力の結集 そこに記録更新あり!!

8の字なわとび大会 NO.4
校内8の字大会を振り返って


大なわ大会で最高記録が出てよかったよ。うれしかったよ。協力してよかったよ。
    
(1年生)

最初は難しくてあまりとべなかったけど、途中からとべるようになったのが
うれしかったよ。    
(1年生)

私は大なわに取り組んで、色んな気持ちを学びました。
感謝する気持ち、協力する気持ち、あきらめない気持ち
を学びました。 そして大なわをまわしてくれた「れいなちゃん」に感謝します。
大切にしてきたことは、協力してきて目標を達成すること。
失敗してもチャレンジすることです。最後に、クラスのみんなに拍手!!
3Bばんざい!!     
(3年生)

ぼくたちのクラスは、最終日の最後の時間まで精一杯がんばりましたが、
1位にはおよびませんでした。ぼくたちは最後までがんばれたことがよかったです。
   
(5年生)
みんないっしょうけんめいとんで、大きな声で数えて126回とべました。
みんなで練習をたくさんしたからとべたと思います。
ぼくたちが3年生になってもたくさんとびたいです。    
(2年生)
最初はみんなばらばらだったけど、最後の8の字大会でみんな心一つにして
2位になれました。これからも、みんなで心を一つにして物事に取り組んでいきたいです。
   
(4年生)
私は、あまり8の字をとぶことは上手ではなかったので、
大会があるとちゃんととべるのかなといつも思っていました。
ひっかかったときに「どんまい」と声をかけてもらったことよかったです。    
(6年生)

紀の川市立中貴志小学校
仲間の絆と力の結集 そこに記録更新あり!!

8の字なわとび大会 NO.3

 1月に入りチャレンジランキングも大詰めを迎え、締め切りまで
あと3週間をきりました。本校でも、3年生の元気もりもりチームだけでなく
最高学年の6年生チームも校内大会でベスト6に入るなど、
全力で追い込みをかけてきました。また、ハンディなしの校内最高記録も、
元気もりもりチームが293回を出し、5年生ミラクルジャンピングの
292回の記録を更新しました。最終日まで、どんなドラマが生まれるでしょう。


僕は今の6Aの状況は、初めよりまとまってきているし、
跳んで引っかかても責めないから、6Aは頑張ったら1位を目指せると思います。     
(6年男子)

私たちのクラスはずっと順位が悪いままでした。
でも小さいことから目標を立てて頑張っているとみんなで協力しようとする気持ちが
温かく伝わってきました。目標の順位を超して上位の結果を出すことができました。
順位も大切だけど協力やみんなの思いやりがある本当の1位をめざしたいです。    
(6年女子)

初めは最下位(校内)など悔しい思いをしました。
少しずつだけど、話し合って練習しました。最近では上位に入るようになりました。
成績発表でチームの名前を呼んでもらうことが嬉しいです。      
(6年女子)

私のクラスでは、数名大縄が苦手な子どもがいる中で、6年生のプライドをかけて
女の子が声をかけ、練習を決めたり、がんばろうという意欲が出てきたりしました。
6年生ではありますが、男女とも仲がいいです。ミスをしても、お互いに「どんまい」と
声をかけあっているところが、ほのぼのとした気持ちになります。    
(女性教諭)

紀の川市立中貴志小学校
仲間の絆と力の結集 そこに記録更新あり!!

8の字なわとび大会 NO.2

 中貴志小学校の校内8の字なわとび大会も、12月で第13回大会をむかえました。
やる気に満ちあふれた3年生の『元気モリモリチーム』は連続7連勝中で、
今なお勢いは止まりません。元気モリモリチームの子ども達は昼休みの練習を
欠かすことなく、頑張っています。担任の先生といっしょに話し合って決めた目標
めざせ300回!!」を合言葉に 全力でがんばっています。
本校の職員も刺激を受け、指導に熱が入る担任も増えてきました。
特に若い先生方の憧れの的になっています。

今、ぼくはけがをして大会は見学をしています。
みんなを見ていると、自分の順番がきてもうまく入れない子を
後ろからおしてあげたり、ひっかかった友達に声をかけてあげたり、
いろいろ協力していると思います。ぼくも早くけがを治して大なわをしたいです。    
(5年男子)
この前の校内大会で1位をとれてうれしかったです。
でもクラスの目標を達成できなくてくやしかった。
次の水曜日の大会ではクラスの目標以上跳ぶことができて1位になりたいです。    
(3年男子)
大なわは私のクラスにとって、子ども達の心と心をつなぐ大切なものです。
大なわに取り組む子ども達の姿から教えられることがたくさんあります。
練習しているうちに、苦手な子どもを支えようとする子ども達が増えてきました。
そのおかげで、苦手な子も続けて入れるようになってきています。先日の大会では、
学級の新記録を更新することができ子どもたちはうれしそうでした。
次は目標の300回を超えれるように子ども達の心を一つにしていきたいと
思います。これからもがんばるぞ!!!!!!!!!    
(3年担任)
紀の川市立中貴志小学校 紀の川市立中貴志小学校

紀の川市立中貴志小学校
仲間の絆と力の結集 そこに記録更新あり!!

8の字なわとび大会

中貴志小学校の校内8の字なわとび大会は、今年で3年目をむかえました。
なわとびを通して持久力や調整力を高め・集団による大なわとび(8の字とび)
を通して,互いに協力する心を養う。』をねらいに行っています。どの学年でも優勝
できるように学年にあったハンディーを付けました。例えば1年生では自分たちの
とんだ回数+150回です。それで全校一斉に朝の運動の時間(8:20〜30)
に行います。 今年もいろんなドラマが生まれると思います。


僕は昼休憩に8の字の練習に参加するか、バスケをするか迷ってバスケをしました。
楽しかったです。   
次の日の昼休憩に初めて、8の字の練習をしました。『バスケ』も『8の字』も
楽しいと思いました。
※昼休憩に8の字の練習もしたいし、バスケもしたい。5年生の男子の作文です。
どちらもやりたい気持ちがよく分かりました。

みんな1ヶ月前よりも上手にとべています。上手にとべるこつは練習することです。
後、気持ちを一つにしてとぶことです。それで、みんな上手にとべるようになりました。
先生と私でなわをまわしています。私と先生でとびやすいようにまわすので、
みんなとぶのをがんばってほしいです。
※いつも昼休憩にクラスの8の字のリーダーとなって、練習をがんばっている
3年生の女子の作文です。


校内8の字なわとび大会の様子】
紀の川市立中貴志小学校 紀の川市立中貴志小学校